山田です。

みなさんご存知ですか?

ツイッターのツイートは、ブログ記事のようなもので、
なんとなーく流れているコメントのようですが、実はこれも
番号があったりします。

この数字です。

 

では、ここで 数字をこのようにしてみましょう。

「https://twitter.com/ev/status/344」

 

恐らくですが一定の頃から344番目のツイートということです。

 

続いてはこちら。

「https://twitter.com/crystal/status/199」

なんと2006年3月24日。

 

344-199=145

 

この計算でいくと誤差は、2日ほどで145のツイートが
無かった事が分かります。

更に遡りましょう。

「https://twitter.com/biz/status/99」

 

「https://twitter.com/jack/status/51」

51番までいきました。

 

どうも50にするとアクセスできませんので、
52番のJACKさんのツイートの2006年3月22日のツイートから
今現在の857422054739529728 に至っているという事です。

 

だから何ってわけでもありませんが、この数字を追えば、
いつからツイート数が増えてきたのかなどが見えてくると思います。

 

それでは、何って事でもないですが、私もツイートを使うようになって
ついつい気になって色々と昔のツイッターのツイートを眺めてしまいました。

 

淳二でした。